• 文字サイズ変更
  • 標準
  • 拡大
  • 背景色変更
  • 渡辺たけし 中野区議会議員 都民ファーストの会

    政策

    政策1
    社会保障制度の見直し

    生活保護制度の適正化を

    年々増加している生活保護費が中野区の財政を圧迫している要因となっているため中野区へ制度の適正化を要望しています。

    中野区へ提案している施策

    生活保護ホットラインの設置
    パチンコ店への見回り制度の確立

    政策2
    健康寿命の促進

    誰もが健康に日々を過ごし、元気で笑顔なまちづくりを

    地域コミュニティの活性化を目指して活動中

    カフェ会の開催

    (毎週水曜日 8:30~10:00 東中野駅前にて)
    バスケットサークル主催(月2回 学校開放の体育館にて)

    政策3
    公教育の充実に向けた取り組み

    教員の質を高めることが、授業内容の質を高める
    子供たちの学習意欲向上に向けた取り組みを!

    子供達の未来の幸せを考えた教育を実践していくコミュニケーション能力の育成、創造力の醸成

    考える力の強化

    時代に合わせた生きる力を養っていくために学習能力以外にも様々な生きる力を付けるための中野区独自の教育を確立させる

    子供たちの学習意欲向上に向けての生徒の勉強に対するモチベーションの向上こそが学力向上に直結する部分

    生徒の学力が向上するためには、生徒一人ひとりが勉強する気にならなくてはいけないし、教師も一人ひとりがモチベーションを上げ続けて、いい授業をしていこうという気持ちを持ち続けていかなくてはいけないことが重要。 継続してやる気をいかに起こさせるか。継続してどうやって学習し続けて、勉強し続けていくか、子どもたち一人ひとりにそういった気持ちを持たせるということが、最後学力が伸びる、教師の質が向上するということにつながると思っております。

    政策4
    子育てをしやすいまちづくりへの取り組み

    男性も女性も子育てをしながら活躍出来る社会の実現!
    待機児童解消のための仕組みづくりを

    保育所の増設はもちろんですが、育休する方々の会社での身分保障をどのように確立するかを検証していきたいと考えています